入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2017年 > 山口大学洞穴研究会の学生らが国指定特別天然記念物の鍾乳洞「秋芳洞」を再測量し新空間を発見 ~秋芳洞の総延長 全国3位へ~

    山口大学洞穴研究会の学生らが国指定特別天然記念物の鍾乳洞「秋芳洞」を再測量し新空間を発見 ~秋芳洞の総延長 全国3位へ~

     山口大学洞穴研究会、美祢市立秋吉台科学博物館および日本洞窟学会企画運営委員会などの合同調査により、国指定特別天然記念物の鍾乳洞「秋芳洞(山口県美祢市秋芳町秋吉)」において重大な発見がありました。

     秋芳洞では、平成28年度から美祢市「Mine秋吉台ジオパーク活動応援事業」の支援により本格的な再測量が実施されており、その過程で洞内の二番目に大きいホール「須弥山」の天井部に新空間が発見されました。18年ぶりに発見された新空間は、秋芳洞観光ルートの「黒谷支洞」に匹敵する規模の空間で直径10mのチューブ状に約300mにわたって延びており高低差は約80mにも及びます。この高い位置での新空間は、かつて地下水面が現在の秋吉台上(博物館周辺)よりも上にあった時代、深度100mを超える巨大な水中洞窟が一括的に形成され、これが秋芳洞の原型になったという新たな学説の可能性を示唆するものであり、学術的観点からも意義深い発見です。

     また、秋芳洞の総延長距離は、測量技術の進歩や新空間の発見、未調査だった場所の測量などにより従来の8850mから10300mに延長し、全国3位となりました。未探検空間が数百m以上残されており今後さらなる距離延長が期待されます。

     今後、合同調査隊は、発見された新空間の内部調査や地表からアクセスできる新たな洞穴の探索などを行い、科学的データの蓄積による学術研究の発展に貢献するとともにケイビングガイドツアーなどの新しい観光コンテンツの開発に結び付けていくことを目指しており、益々の活躍が期待されます。

     

     7月9日(日)、美祢市立秋吉台科学博物館において記者発表が行われ、美祢市立秋吉台科学博物館特別専門員 村上崇史氏(本学卒業生、本学洞穴研究会OB)からの新たな知見についての説明、新空間に続く風穴付近での現地解説がありました。記者発表には、本学から田中和広理事(本学洞穴研究会OB会会長)並びに洞穴研究会の現役会員の学生7名が同席しており、研究会の村瀬健志会長は「調査は体力的につらかったが予想以上に大きな空間が見つかった時はことばを失いました。すごいとしかいいようがなかった。」と話しました。

     また本学は今年3月に美祢市立秋吉台科学博物館内に美祢市のジオパーク活動など地域活性化を支援するため「山口大学秋吉台アカデミックセンター」を開設しており、センターを通じた交流の進展も期待されます。

     

     

         記者発表に臨む洞穴研究会の学生       現地解説に随行する洞穴研究会の学生

         前列右:村瀬健志会長

     

     

      洞穴研究会OB(左から 本学の田中和広理事、

        美祢市立秋吉台科学博物館の村上特別専門員)

     

     

    【秋芳洞探検史(美祢市立秋吉台科学博物館提供)】

     

     

     

          須弥山天井から新空間へ                  大回廊

       

             探検開始                    発見記念写真

     

    【山口大学洞穴研究会】

     1955年設立、設立62年目を迎える文化会に所属する山口大学公認団体であり、国指定特別天然記念物ならび

     に国定公園「秋吉台」を有する山口県にある本学ならではの特徴ある団体として活躍中です。現在部員13名で

     女子学生の部員もいます。洞窟の探検・探索などの調査活動や研究活動に加え、体力も必要なため平素から筋

     トレなどの訓練も欠かさず行っています。

     

    【秋吉台アカデミックセンター】

     山口大学秋吉台アカデミックセンターについてはこちらから

         

     

      

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.