入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2019年 > 世界初!タンパク質修復のための遺伝子誘導メカニズムを解明~神経変性疾患やがんの治療法開発に期待~

    世界初!タンパク質修復のための遺伝子誘導メカニズムを解明~神経変性疾患やがんの治療法開発に期待~

     わたしたちは加齢とともに様々な病気に罹患しやすくなります。細胞レベルでも、加齢は細胞機能の低下を導き、多様な異常に適応できなくなります。細胞内の構成成分のうち最も多いタンパク質は、加齢とともに異常な立体構造を持つタンパク質が蓄積するようになり、アルツハイマー病などの神経変性疾患を罹患しやすくなります。
     この度、山口大学大学院医学系研究科医化学講座の中井彰教授、瀧井良祐助教らを中心とした研究グループが、細胞内の異常タンパク質を修復するための遺伝子誘導メカニズムを世界で初めて発見しました。さらに、熱ショック転写因子1(HSF1)とシュゴシン2(SGO2)の複合体が形成できない条件下では、異常タンパク質の蓄積の亢進とそれによる細胞死の増加が引き起こされました。この複合体の発見は、加齢と関連する神経変性疾患などの治療薬の開発に結びつく可能性があります。

     本研究成果は、分子生物学領域で権威あるヨーロッパの科学雑誌『EMBO Journal』の電子版に10月28日掲載されました。

     

    研究の詳細はこちら

     

         

         (1)HSF1転写複合体の同定         (2)染色体DNAとシュゴシンの役割

     

    (1)HSF1転写複合体の同定

    (A)HSF1転写複合体に含まれる構成因子群を明らかにするために、HSF1欠損マウス線維芽細胞 (MEF)に、数種の変異型HSF1を高発現した細胞を用意し、その細胞に42度 30分の熱処理を加えた後に細胞抽出液を用意し、ヒトHSP70プロモーターDNAに結合するタンパク質群を網羅的に解析した。 (B)その結果、全体で1,870の因子群が同定でき、HSF1の活性と関係があったのは179因子であった。

     

    (2)染色体DNAとシュゴシンの役割

    複製された染色体DNAは分裂期に均等に娘細胞に分配される。その過程において、シュゴシンはセントロメアでのコヒーシンの分解を抑制する。哺乳動物では、細胞分裂のM期にシュゴシン1(Shugoshin1 : SGO1)が、生殖細胞での減数分裂期にシュゴシン2(Shugoshin2 : SGO2)がコヒーシンの制御因子として働くと知られている。 (Marston AL, Mol. Cell. Biol. 2015 を改変)

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.