入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2019年 > 山口大学医学部を代表とするグループが共同開発した医療機器等が事業化されました

    山口大学医学部を代表とするグループが共同開発した医療機器等が事業化されました

     本学を代表(大学院医学系研究科医学専攻消化器内科学講座および医学部肝臓再生基盤学講座 坂井田功教授)とするグループが、医療関連分野において、やまぐち産業戦略研究開発等補助金による開発テーマである「肝臓再生療法の開発・実用化及びロボット細胞培養システム等の高機能化」を先導し、「細胞培養機向け卓上型小型恒温装置」((株)ミヤハラ)及び「アイソレータ用グローブ、スリーブ」(三興化学工業(株))が開発・事業化されました。

     

     本学大学院医学系研究科消化器内科学講座および医学部肝臓再生基盤学講座は、先進的肝臓再生療法である「自己完結型肝硬変再生療法」を用いて、同治療法で用いる培養骨髄細胞の製造受託サービスを基軸とした産業化と再生医療関連産業の萌出を図り、山口県を新たな再生医療産業創出拠点とすることを目指しています。平成28年11月に産学公連携のもと、山口大学内に設置された「再生・細胞治療研究センター」の構成メンバーである澁谷工業(株)、県内に製造拠点や本社を有するものづくり企業の三興化学工業(株)、(有)デジタル・マイスター、(株)ミヤハラが中心となり、再生医療の実現に必要不可欠な細胞培養システムの高機能化を協働して推進してきました。本事業において山口大学は企画発案に加えて、再生医療基盤研究室(宇部市メディカルクリエイティブセンター)に研究開発のために設置している細胞培養用アイソレータを活用し、試作品の評価改良を行いました。 

     

    【事業化の概要】

    ■細胞培養機向け卓上型小型恒温装置    

     細胞培養システム等の高機能化に資するものとして、アイソレータ内の除染に対応しながら、専用樹脂容器内にある培地の温度を最適に保つことができる小型化されたアルミブロック恒温槽を開発。

     

    ■アイソレータ用グローブ、スリーブ 
     従来品に比べグローブのゴム弾性を維持(伸びやすい)しながら厚みを薄くすることでアイソレータ内での操作性を高めるとともに、経年劣化による亀裂等を早期に発見できるよう改善したものを開発。スリーブについても、厚みを薄くし、動き安い形状のものを開発。 

     

        

      細胞培養機向け卓上型小型恒温装置     アイソレータ用グローブ、スリーブ 

     

    【開発テーマの概要】

    ■開発テーマ
     肝臓再生療法の開発・実用化及びロボット細胞培養システム等の高機能化


    ■開発グループの構成
     ・ 国立大学法人山口大学〔肝臓再生療法研究・臨床試験等〕 ※代表申請者
     ◎(株)ミヤハラ(周南市)〔恒温槽の開発〕
     ◎三興化学工業(株)(本社:広島県大竹市 美和工場:岩国市)〔グローブ等の開発〕
     ・ 澁谷工業(株)(石川県金沢市)〔アイソレータの改良等〕
     ・ (有)デジタル・マイスター(山口市)〔細胞培養作業のストレス評価〕


    ■支援内容等
     やまぐち産業戦略研究開発等補助金(平成29年度一般枠)


    ■開発の概要
     ・ 山口大学による「骨髄細胞を用いた肝臓再生療法」の研究が進められる中で、研究や治療を支援するための、細胞培養システム等の高機能化に資する機器等の開発・事業化を目指したもの。
     ・ 今回は、山口大学医学部と共同開発された、恒温装置及びアイソレータ用グローブ等を先行して事業化するもの。 

    【参考】

    ■自己完結型肝硬変再生療法
     山口大学の開発グループ(大学院医学系研究科医学専攻消化器内科学講座および肝臓再生基盤学講座 坂井田教授、他)が世界で最初に開発した患者の肝臓を再生する治療法〔自己骨髄細胞投与療法(ABMi (Autologous Bone Marrow Cell infusion)療法)〕を低侵襲な細胞培養方式で行う肝臓再生療法です。進行した非代償性肝硬変症の患者さんから局所麻酔下に骨髄液を少量採取し、それを培養装置内で培養して骨髄間葉系幹細胞を含む細胞群を増やし、品質・規格・安全性の評価を行った後、その細胞を懸濁液として採取された患者さんの体内に戻して治療を行います。 

    【謝辞】

      本研究は、山口県から「やまぐち産業戦略研究開発等補助金」(平成29年度一般枠)の支援によるものです。 

    【関連サイト】

    ■山口県報道発表
     https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/202002/045764.html

    ■自己完結型肝硬変再生療法(肝臓再生基盤学ホームページ)
     http://www.med.yamaguchi-u.ac.jp/medicine/chair/kifu_03.html

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.