入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2020年 > 山口大学医学部附属病院の新型コロナウイルス感染症への対策 -特定機能病院としての機能維持、安全・安心な高度医療の提供-

    山口大学医学部附属病院の新型コロナウイルス感染症への対策
     -特定機能病院としての機能維持、安全・安心な高度医療の提供-

     新型コロナウイルスとの共生のなか、感染のリスクを恐れ医療機関の受診を自粛することで、原疾患の治療や疾病の早期発見が遅れる可能性があります。

     山口大学医学部附属病院では、新型コロナウイルス感染症が国内発生した早期から、山口県内での流行期に備えた体制と対策の整備を行ってきました。

     地域の基幹病院および特定機能病院として、救急医療や高度医療を継続して提供するとともに、入院治療を要する患者を積極的に受け入れること、また、他院での治療が困難な重篤な新型コロナウイルス感染症患者を受け入れることを基本方針としています。

     特定機能病院の機能を維持し、医療を必要としている患者さんに適切な医療を提供すべく、新型コロナウイルスを「持ち込まない」「見逃がさない」「拡散させない」を方針に、患者さんの安全を確保し、安心して医療を受けていただけるよう、新型コロナウイルス感染症対策を実施し、これまでどおりの診療を行っています。入院される患者さんに入院前PCR検査を行っています。

     

     

    新型コロナウイルス感染症対策を実施し、これまでどおりの診療を

     

    入院前PCR検査等の実施

     新型コロナウイルス感染症には、発熱などの症状がない無症状・無自覚の感染も確認されています。本院に入院、通院されている患者さんの多くは重症度が高いため、新型コロナウイルスの感染によって原疾患が重症化する恐れがありますので、感染を未然に防ぐことが必要です。また、院内において患者間の感染を防ぐことも重要なことです。

     そのため、全ての患者さんに安心して医療を受けていただけるよう、入院される患者さんに入院前PCR検査を行うこととしました。6月から手術前患者及び分娩前患者を優先しPCR検査を開始し、その後、検査体制をさらに充実させ(検査技師の増員、検査機器拡充、専用検査室の整備)、8月からはその他の入院患者にも対象を広げました。9月初旬時点で平日1日当たり100件の検査が可能となりました。入院前の外来診察時に検体を採取し陰性であることを確認した上で入院していただくこととしています。

     検体採取時の飛沫による院内感染を防ぐため、専用の採取室を整備し行っています。また、現在、休日や夜間における緊急入院等の場合は、抗原検査、LAMP法による感染検査を行っていますが、より精度が高いPCR検査の実施に向け体制整備を進めています。

     

    病院への入館制限

     病院への入館箇所を1ヶ所とし、入館時に体調や新型コロナウイルス感染患者との接触などの確認、検温を行っています。

     

       

            発熱トリアージ外来入り口                検温の様子

     

      

              PCR検査の様子

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.