入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2020年 > 立体的に大きな光学活性エーテル化合物の選択的な合成に成功

    立体的に大きな光学活性エーテル化合物の選択的な合成に成功

     山口大学大学院創成科学研究科応用化学分野 西形孝司教授、関西学院大学理工学部 白川英二教授、広島大学大学院先進理工系科学研究科 安倍学教授、鳥取大学大学院工学研究科 野上敏材教授、東京工業大学科学技術創成研究院 小池隆司助教らのグループは、炭酸セシウムを塩基とすることで第三級アルキルハロゲン化物(α-ブロモアミド化合物)とアルコールとの立体特異的求核置換反応によるエーテル化合物の合成に成功しました。従来、光学活性な第三級アルキルハロゲン化物を用いる求核置換反応は、その立体障害のため立体特異的反応は困難でした。開発した手法を利用すると、立体的に非常に大きくかつ光学活性な反応部位にアルコールを選択的に反応させることができます。1世紀以上にわたり課題として認識されていた「立体的に大きなアルキルハロゲン化物とアルコールの立体特異的な反応」を達成できた点が本研究のポイントです。

     この研究成果は『Angewandte Chemie, International Edition』(IF=12.257)にホットアーティクルとして掲載され、表紙にて研究がハイライトされました(doi:10.1002/anie.202010697)。

     

    発表のポイント

    ◆1世紀以上前からの課題として認識されている、かさ高いエーテル結合の形成に成功しました。

    ◆光学活性第三級アルキルハロゲン化物を用いたアルコールによる立体特異的な求核置換反応を発見しました。

    ◆第三級アルキルハロゲン化物であるα-ブロモアミド化合物を塩基である炭酸セシウムとともに用いることが立体特異的反応の鍵であることを発見しました。


     研究の詳細はこちら

     

    開発した立体特異的エーテル化反応

     

    今後の展開

     今回開発した反応は、立体的に大きな光学活性エーテル化合物を自在に合成できる第一歩となる結果です。今後は、求核剤をアルコールからアミンへと変えることで光学活性な非天然型アミノ酸も合成できるように、反応系をさらに工夫していきます。

     本研究は、JSPS科研費挑戦的萌芽研究(18K19182)、JST 戦略的創造研究推進事業 CREST「アニオンラジカル制御が拓く革新的電子触媒系(研究代表者:白川英二(関西学院大学))」、公益財団法人内藤記念科学振興財団および公益財団法人徳山科学技術振興財団の助成を受けて実施したものです。


    論文題目

    題目:Chemistry of Tertiary Carbon Center in the Formation of Congested C−O Ether Bonds

    著者:Goki Hirata, Kentarou Takeuchi, Yusuke Shimoharai, Michinori Sumimoto, Hazuki Kaizawa, Toshiki Nokami, Takashi Koike, Manabu Abe, Eiji Shirakawa, Takashi Nishikata

    公表雑誌:Angewandte Chemie International Edition

    公表日:2020年12月23日

    URL:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/anie.202010697

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.