入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2022年 > 迅速かつ簡易的な外来魚調査にむけた環境DNAチップの開発

    迅速かつ簡易的な外来魚調査にむけた環境DNAチップの開発

     山口大学大学院創成科学研究科流域環境学講座(日本工営共同研究講座)の中尾遼平准教授(特命)、赤松良久教授らの研究グループは、東洋鋼鈑株式会社および日本工営株式会社と共同で、外来魚の環境DNAを検出するための環境DNAチップを開発し、実際にダム貯水池の環境水から外来魚の環境DNAを検出することに成功しました。

      

    研究成果のポイント

    医療用として用いられてきたDNAチップ技術を環境DNA分析へと応用し、3種類の外来魚を対象とした環境DNAチップを開発しました。
    開発した環境DNAチップを5つのダム貯水池に適用し、それぞれのダム貯水池の環境水から外来魚の環境DNAを検出することに成功しました。

    本研究の成果は、迅速かつ簡易的に外来魚の分布情報を集め、継続的な外来魚調査およびその駆除活動に貢献できる技術となり得ることを示しました。 

     

    研究成果の概要

     山口大学大学院創成科学研究科流域環境学講座(日本工営共同研究講座)の中尾遼平准教授(特命)、赤松良久教授のグループは、東洋鋼鈑株式会社および日本工営株式会社と共同で、外来魚の環境DNAを検出するための環境DNAチップを開発し、実際にダム貯水池の環境水から外来魚の環境DNAを検出することに成功しました。また、本研究の技術は、1枚の環境DNAチップを使うだけで複数の対象種を同時に検出できることから、外来魚調査のための迅速かつ簡易的な手法として利用できることが示されました。 本研究の成果は、国際学術誌「Landscape and Ecological Engineering」電子版の特集号「Environmental DNA as a Practical Tool for Aquatic Conservation and Restoration」に2022年6月10日に掲載されました。

     

     研究成果のプレスリリースはこちら 

     

      環境DNAチップ分析の概略図
       

    発表論文の情報

    タイトル Development of environmental DNA chip for monitoring the invasive alien fishes in dam reservoirs

    著 者

    中尾遼平(山口大学)、宮田亮(東洋鋼鈑株式会社)、中村憲章(東洋鋼鈑株式会社)、村松万里江(東洋鋼鈑株式会社)、岡村浩(東洋鋼鈑株式会社)、今村史子(日本工営株式会社)、赤松良久(山口大学)

    掲載雑誌 Landscape and Ecological Engineering
    D  O  I https://doi.org/10.1007/s11355-022-00513-x
    公 表 日 2022年6月10日8時(日本時間)
     

    謝辞  

    本研究は、以下の研究助成を受けて実施されました。 

    ・WEC応用生態研究助成(2019-03) 

     

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.