入学資料請求
サイト内検索
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
大学紹介
学部・大学院・研究所
附属病院・附属施設等
学生生活・就職情報
教育・研究
国際・社会連携
入試
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 企業・研究者の皆様
  • 地域の皆様
    • テスト
    • テスト
    • テスト
    学部・大学院
    病院 大学教育機構
    • 大学教育センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 動物医療センター
    • 留学生センター
    大学研究推進機構
    • 産学公連携センター
    • 知的財産センター
    • 総合科学実験センター
    • 機器分析実験施設
    • 生体分析実験施設
    • 実験動物施設
    • アイソトープ分析施設
    • アイソトープ実験施設
    • 遺伝子実験施設
    • 排水処理センター
    • 研究推進戦略部
    • URA室
    大学情報機構
    • 図書館
    • メディア基盤センター
    教育学部
    • 付属教育実践総合センター
    • 付属山口小学校
    • 付属光小学校
    • 付属山口中学校
    • 付属幼稚園
    • 付属特別支援学校
    経済学部
    • 東亜経済研究所
    • 商品資料館
    工学部
    • 付属ものづくり創成センター
    • 付属工学教育研究センター
    農学部
    • 付属農場
    • 付属中高温微生物研究センター
    教育学研究科
    • 付属臨床心理センター
    医学系研究科
    • 付属修復医学教育研究センター
    研究所等
    • 時間学研究所
    • 大学評価室
    • エクステンションセンター
    • 東京事務所
    • パソコンSOSセンター
    • (有)山口ティー・エル・オー
    学生生活・就職情報
    教育・研究
    国際・社会連携
    入試
    受験生のみなさま
    在校生のみなさま
    卒業生のみなさま
    企業・研修者の皆様
    地域の皆様
    教職員(学内限定)
    ホーム > 新着ニュース > 2022年 > 植物の細胞が低温を感じる部位(細胞小器官)を特定~動物細胞との共通性も~

    植物の細胞が低温を感じる部位(細胞小器官)を特定~動物細胞との共通性も~

     山口大学大学院創成科学研究科の武宮淳史准教授の研究グループは、宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センターの児玉豊教授の研究グループと共同で、植物の細胞が低温を感じる部位(細胞小器官)を特定しました。動物の細胞では、TRPタンパク質と呼ばれるセンサー分子が細胞膜で保持されて温度を感じています(2021年ノーベル生理学医学賞)。しかし植物はTRPタンパク質を持っていないため、植物がどのように温度を感じるのかは、長年の間、解明することができませんでした。児玉教授の研究グループは、2017年に植物で初めてとなる低温域の温度センサータンパク質(フォトトロピン)を発見後、フォトトロピンが細胞内のどこで低温を感じるのかを調べてきました。今回、様々な解析の結果、動物のTRPタンパク質と同様に、フォトトロピンが細胞膜に保持されると植物細胞による低温感知が可能になることを発見しました。TRPタンパク質とフォトトロピンは、細胞膜への保持メカニズムは異なりますが、動物細胞と植物細胞が共通の細胞小器官(細胞膜)で温度を感じているということがわかりました。

     本研究成果は、3月31日、学術誌「PNAS Nexus」オンライン版で公開されました。

     

     研究の詳細はこちら

     

     

    研究のポイント

    低温センサー分子(フォトトロピン)が細胞内のどの部分で働くのかを調査した
    フォトトロピンが細胞膜に保持されると植物細胞による低温感知が可能となった
    センサー分子が細胞膜に保持されると温度を感じることは植物と動物で共通する
     

    論文情報

    題 目 The localization of phototropin to the plasma membrane defines a cold-sensing compartment in Marchantia polymorpha
    雑誌名 PNAS Nexus
    著 者 Satoyuki Hirano, Kotoko Sasaki, Yasuhide Osaki, Kyoka Tahara, Hitomi Takahashi, Atsushi Takemiya and Yutaka Kodama
    U R L https://doi.org/10.1093/pnasnexus/pgac030
    掲載日時 令和4年3月31日

     

    著者(氏名)*印は同等の貢献
     平野 慧潔*(宇都宮大学農学部4年)
     佐々木 琴子*([当時]宇都宮大学大学院地域創生科学研究科)
     大崎 益秀*([当時]宇都宮大学大学院農学研究科)
     田原 京佳(山口大学大学院創成科学研究科1年)
     高橋 ひとみ(宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター・実験補助員)
     武宮 淳史(山口大学大学院創成科学研究科・准教授)
     児玉 豊(宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター・教授)

     

    このページのTOPへ
    プライバシーポリシー
    吉田キャンパス
    〒753-8511 山口市吉田1677-1
    083-933-5000(代表)
    小串キャンパス
    〒755-8505 宇部市南小串1-1-1
    0836-22-2111
    常盤キャンパス
    〒755-8611 宇部市常盤台2-16-1
    0836-85-9005
    Copyright(C) 2013 YAMAGUCHI UNIVERSITY All right reserved.