ホーム>山口学研究センター>新着情報>萩市内2カ所に設置したフリーWi-Fiの接続デモを実施しました

萩市内2カ所に設置したフリーWi-Fiの接続デモを実施しました 

 

 令和2年2月21日(金)、萩市浜崎地区にある本学サテライトラボ萩と同市内の田町商店街の2カ所に設置したフリーWi-Fiの接続デモが実施されました。

 フリーWi-Fiは、創成科学研究科の松野浩嗣教授が代表を務める山口学研究プロジェクト「無線LAN技術によるスマート商店街の構築と観光回遊データ連携分析に基づく活性化方針立案への展開」の一環として設置されたもので、山口県の「やまぐちキャッシュレス化実現事業補助金」を活用しています。このキャッシュレス化実現事業では、キャッスレス化普及には萩市内の消費拡大が必要であるという考えのもと、消費拡大に必要な観光回遊性データを収集するための実証実験を目的とし、萩商工会議所、山口銀行萩支店、YMFG ZONEプランニング、山口大学が連携して取り組んでいます。この日は、本格的に運用を始める前段階として、関係者や地域住民を集めて接続のデモが行われました。
 

     
        松野教授による説明          浜崎地区で接続テストをする参加者

 

 当日は、はじめに本学サテライトラボ萩において松野教授とYMFG ZONEプランニングの担当者から事業の概要や経過について話があった後、実際に開発に携わった大学院生からフリーWi-Fiへの接続方法について説明がありました。参加者はそれぞれのスマートフォンで接続テストを行い、実際に歩いて接続できる範囲などを確認していました。その後、会場を田町商店街に移し、同様に参加者が接続テストを行いました。
 
  

    田町商店街でも接続テストしました

 

 今後、セキュリティや運用面での課題を解決した後に今年4月頃から本格的に運用開始となります。

 

 
このページのTOPへ

 

山口大学

【山口学研究センター事務局】

総務企画部地域連携課

〒753-8511  山口県山口市吉田1677-1

TEL:083-933-5630  FAX:083-933-5029