山口大学教育学部 教育学部
教育学研究科

本学部への寄付

保健体育教室

保健体育教室(学校教育教員養成課程 教科教育コース 保健体育選修)

私たちを取り巻く社会環境は情報化、国際化、高齢化の波に乗って大きく変化しています。その中にあって、子供から高齢者に至るまで、からだや心の健康を維持増進するため積極的に運動やスポーツに取り組んでいる人も少なくありません。また、学校では、課外のスポーツ活動も奨励されています。このような生涯スポーツの時代に体育・スポーツの指導者の果たす役割は大きく、学校体育をはじめ社会のいろいろな分野での活躍が期待されています。

保健体育教室では、自分自身が運動やスポーツに親しむと同時に、体育・スポーツや健康維持等に関する科学的な知識と技術を教授し、その資質や能力を生かして、人間性豊かな小・中学校の教員及び体育・スポーツの指導者の育成をめざしています。


「野外運動特習」の授業の様子

教職の魅力・教室の強みや特色

 教科の指導法にとどまらず、教科専門科目についても学校教育(授業や部活動)で活かせる知識・技能の習得につながるよう努めています。

 学生が主体となり、教室行事(学校での体育的行事:運動会、野外運動(キャンプ)実習、ロードレース、ダンスサテライト)の企画・運営を行うことで、主体性や協働性を身につけるとともに、学校での体育的行事の企画・運営力の基礎を養います。

 「体育実技ボランティア・体育チューター」活動により、学校での体育授業の補助・体育的行事の補助を行う機会を通して、教育実習以外に、基礎的な教育実践力を高める場を設けています。

どんな人がこの教室で学んでいるの?

 

 体育やスポーツに対する関心を持ち,運動能力向上への探究心を持つ人

 できれば、少なくとも一種目の運動・スポーツを実践し、運動・スポーツや健康・体力づくりに対して合理的・科学的な視点からも興味や関心が持てる人、教職を目指す意欲の高い人

どんな学びをして何が身に付くの?

 小学校の教科の内容に関する科目や中学校の保健体育科の専門科目など、小学校や中学校の先生に求められる資質能力を養うための学修を行います。また、実際に附属学校や公立学校で教育実習を行うことや「体育実技ボランティア・体育チューター」活動に参加することにより、大学の授業で学んだことと実際の活動を有機的に結び付けることにより、実践的指導力を養います。

 小学校の先生を希望する人は「小学校基礎」で定められた履修方法を選択し、中学校の先生を希望する人は「中学校基礎」で定められた履修方法を選択します。いずれの履修方法を選択したとしても、体育科・保健体育科の専門性や指導法に加えて、学校の先生として求められる資質能力が身に付きます。

卒業時の姿

  • 各種の運動・スポ-ツについて、それぞれの競技特性に応じて合理的に実践できる。
  • 体育・スポ−ツや健康維持等に関する科学的な知識理解に精通し、学校教育で活用できる。
  • 初等教育および中等教育の保健体育の指導法に精通し、教育実践に応用できる。
  • 体育行事並びにスポ−ツ行事を組織・企画・運営することができる。
  • 体育・スポ−ツ・健康諸科学に関する総合的知識を用いて、自分の考えを明確に表現できる。

 

どんな先生になるの?

学校体育および社会体育に貢献できるような、そして、上記の卒業時の姿に示されているような体育・スポーツや健康維持に関する知識・技術・指導法を習得した体育科の指導に強い小学校の先生、あるいは中学校・高等学校の保健体育科の先生になって活躍されることでしょう。

教員紹介

この教室の教員紹介

最近の活動状況

Copyright © 山口大学教育学部. All Rights Reserved.
TOP