山口大学教育学部 教育学部
教育学研究科

本学部への寄付

AP・CP・DP

AP・CP・DP

学部アドミッション・ポリシー

「教育理念」「目標」

教育学部は,理論と実践の融合による総合的人間力の育成を教育理念とし,多様な学問・研究の機会や地域の 教育関係者との協働を通して,教育に関する専門的理論と実践的指導力を兼ね備えた教員を養成することを目標にしています。

求める学生像

人間と教育に深い関心を持ち,学校教育や地域社会に貢献しようとする積極的な意欲を持つ人,さらに自らの専門性を十分修得できる基礎的な学力を持つ人を求めています。

  1. 子どもを愛し,教育及び教職に対して強い関心と情熱を持つ人
  2. 学校教育における学習指導や生徒指導等に関心を持ち,自らの能力を高め,学校教育に貢献するという強い意欲を持つ人
  3. 教職を目指し,常に自らの生き方を謙虚に問いつづける人

大学入学までに身につけておくべき教科・科目等

本学部における教育は,高等学校等で修得する各科目に関して基礎的な学力を有することを前提に行われます。また,論理的な思考力,自分の考えを適切に表現できる力,及びコミュニケーション能力を持っておく必要があります。したがって,本学部に入学するまでに,各コース・選修が課す入試に対応する教科・科目において,次のものを身につけておくことが望まれます。

  1. 国語については,現代文,古文,漢文における基礎的な読解力,及び言語文化に対する興味・関心
  2. 地理歴史・公民については,各科目における基礎的な知識,及び社会事象に対する関心や探究心
  3. 数学については,基礎的な知識と技能,及び基本的な数学的思考方法
  4. 理科については,各科目における基礎的な知識,及び自然や科学に対する関心や探究心
  5. 外国語については,ある程度の長文の読解力,表現力,リスニング能力,及び文法に関する基礎的な知識
  6. 情報については,情報処理または問題解決における基礎的な知識と技能

また,実技については,各コース・選修が課す入試に対応する教科・科目において,次のものを身につけておくことが望まれます。

  1. 音楽については,基礎的な表現技能,及び音楽に対する関心や探究心
  2. 美術については,基礎的な造形能力,及び美術に対する関心や探究心
  3. 保健体育については,体育やスポーツに対する関心,及び運動能力向上への探究心

カリキュラム・ポリシー

授業は以下のような方針で編成されています

本学部は、理論と実践の融合による総合的人間力の育成という学部教育理念のもと、子どもを愛し教育および教職に対する責務を深く自覚することを基礎として、幼児・児童・生徒の生活指導から教科指導に渡る幅広い能力を持った人材を養成することを目的としています。さらに、教職を目指すものとして、自らの生き方について謙虚に反省し、問いつづけ、自己啓発につとめることのできる人材の養成を目的としています。これらの目的を実現するために以下の教育課程で教育を行います。

学生は、

  1. 教育の理念、教職に対する使命感や責任感、教育的な愛情などを養うために、教職の意義等に関する科目や教育の基礎理論に関する科目を履修します。また、早い段階から教職への意識付けや憧れが高まるように、1年次から「学校体験」を取り入れた科目を履修します。
  2. 幼児・児童・生徒の発育発達段階に対する理解や学級経営、生徒指導の基礎的能力を養うために、教育の基礎理論に関する科目や生徒指導等の科目を履修します。
  3. 教育方法・技術の基礎および教科の指導法を理解修得し、実際の教科などの指導に活かすことができるように、指導法等に関する科目を履修します。
  4. 基盤となる学問領域の基礎を修得しつつ、その知識・理解が教科内容や専門領域の深い理解につながるように、教科専門科目、教科としての系統性を理解し、それぞれの専門性と実践的指導力を高める科目、専門領域(選修指定)科目を履修します。
  5. 介護等体験実習、参加・参観を含む実習事前指導、教育実習(基本および応用)および実習事後指導を履修します。これら実際の学校現場等での活動が中心となる科目の履修と学部内で履修する科目を有機的に結び付けることにより、実践的指導力を養います。また、学校現場等での活動を省察し、次の活動に活かすための基礎的能力を養います。

以上の教育を通じて、理論と実践の融合による総合的人間力の育成を目指します。

ディプロマ・ポリシー

卒業までに以下のような能力を身につけます

  1. 教育の理念や教職の意義を理解し、広い視野から自己の将来のあり方を展望することができます。
  2. 幼児・児童・生徒の心身の発達段階や教育方法・技術の基礎を理解修得し、発達段階に応じた教科などの指導をすることができます。
  3. 道徳・特別活動・生徒指導に関する教育方法を修得し、幼児・児童・生徒の生活全般に渡る指導を行うことができます。
  4. 基盤となる学問領域の基礎を修得し、その知識・理解を教科内容の構成や指導あるいは専門領域に活かすことができます。
  5. 介護等体験実習、参加・参観を含む実習事前指導、教育実習(基本および応用)および実習事後指導の経験を通して教育現場における指導全般を実践的に理解・体得し、その経験を学部内で履修する科目と有機的に結び付けることにより、現場での適切な指導を行うことができます。
Copyright © 山口大学教育学部. All Rights Reserved.
TOP