山口大学教育学部 教育学部
教育学研究科

本学部への寄付

音楽教育教室

音楽教育教室(学校教育教員養成課程 教科教育コース 音楽教育選修)

 音楽教育教室では、中学校音楽教員もしくは音楽に強い小学校教員を育てています。
みなさんは、音楽そのものの魅力についてはよく理解していることでしょう。しかし、教員として教える立場になれば、「なぜ学校に音楽の授業があるのか」という一見当たり前のような問題について自分なりの信念を持ち、音楽の良さや美しさを子どもたちに伝えていく必要があります。

 音楽教員という仕事には、次のような魅力と意義[※1]があります。

  1. 音楽の広がる空間を子どもたちと共有できること
  2. 生涯を通して音楽に親しむ子どもたちを育てること
  3. 音楽を通して美しいものを美しいと思う感性を育てること
  4. 音楽に対する価値観や多文化への理解を育てること

 つまり、音楽の授業は教科書に載っている曲をただ教えればいいというわけではありません。曲(音楽)を通してこれら(1~4)を達成することこそが重要なのです。

 山口大学音楽教育教室では、こうした音楽教育を実践するための学習はもちろんのこと、音楽に関する実技や理論について幅広く学べる機会も用意しており、総合的な教育力を培っています。

 音楽科教員を本気で目指す人に、本気でぶつかる、それが山口大学音楽教育教室です。

基本実習の風景

この教室のHP

教職の魅力・教室の強みや特色

 教育の実践には、生涯を通した学びが必要とされます。つまり、教員になってからも説明力、指導力、人間力は常に磨き続ける必要があるのです。音楽教員の仕事における上記の意義[※1]は、こうした積み重ねの末に満たされると言っても過言ではないでしょう。

 音楽教育教室では、生涯学び続けるための「基礎的な知識・技能」を修得することができます。音楽科教育における教科の指導力に関する事項は言うまでもなく、音楽実技や音楽理論に関しても基礎力の養成に力を入れています。詳しくは当教室HPをご覧ください(「山大音研」で検索)。

 また卒業後には、教員研修・研究授業および研究会等での指導助言をはじめ、個別の悩み相談への対応等、継続した支援を行っています。

どんな人がこの教室で学んでいるの?

 音楽教育教室では「音楽と真剣に向き合ったことのある人」が学んでおり、またそうした人に来て欲しいと思っています。部活であれ、習い事であれ、あるいは趣味であれ、音楽との関わり方は問いません。音楽を学び、そして発表に臨むその過程で真摯に取り組んだ経験があり、そこから得られた知見があれば、それで充分だと考えています。あとはこの教室で、みなさんが培った音楽の知識や技能をさらに磨き、それをいかに教育現場で生かすかを学べば、自ずと音楽教員への扉が開かれることでしょう。

どんな学びをして何が身に付くの?

小学校の教科の内容に関する科目や中学校の音楽科の専門科目など、小学校や中学校の先生に求められる資質能力を養うための学修を行います。また、実際に附属学校や公立学校で教育実習を行うことにより、大学の授業で学んだことと実際の活動を有機的に結び付けることにより、実践的指導力を養います。
小学校の先生を希望する人は「小学校基礎」で定められた履修方法を選択し、中学校の先生を希望する人は「中学校基礎」で定められた履修方法を選択します。いずれの履修方法を選択したとしても、音楽科の専門性や指導法に加えて、学校の先生として求められる資質能力が身に付きます。

どんな先生になるの?

演奏表現・音楽理論・音楽科教育法を理解し、「心の教育」に貢献する音楽授業の指導力・実践力を持つような、小学校では音楽科の指導に強い、また中学校・高等学校では音楽科の指導のできる先生になって活躍されることでしょう。

教員紹介

この教室の教員紹介

最近の活動状況

Copyright © 山口大学教育学部. All Rights Reserved.
TOP