山口大学教育学部 教育学部
教育学研究科

本学部への寄付

心理学教室

心理学教室(学校教育教員養成課程 小学校教育コース 心理学選修)

心理学は人間の行動を科学的な枠組みで理解し説明する学問です。人間が環境から情報を取り込み、環境に適応して行くためにどのような仕組みと働きをもっているのか。これを理解することは、子どもの健康な発達と適応の実現を援助する上で大切なことです。心理学教室は心理学の基礎を幅広く学び、教育や日常社会 生活で自分らしく生きることを援助する心理学的知識を身につけることをめざしています。

箱庭療法の授業風景

この教室のHP

どんな学びをして何が身に付くの?

 心理学選修では、4つの系(心理学基礎系、心理学実践系、心理学臨床系、研究演習系)からなるカリキュラムを構成しており、さまざまな現代的教育課題に対応できる教員の養成を目指しています。*公認心理師の受験資格は得ることができません。

「心理学基礎系科目群」を学ぶことにより、心理学に関する幅広い知識を学び、学校現場を始めとする社会における心理学的問題に対して、主体的・自律的に取り組む能力を修得します。
「心理学実践系科目群」を学ぶことにより、社会の諸問題に対して、心理学の知識や技術を用いて、複眼的、論理的に分析し、的確に表現できるプレゼンテーション能力を修得します。
「心理臨床系科目群」を学ぶことにより、職種の異なる人々や学問的バックグラウンドの異なる人々と円滑にコミュニケーションを図ることができ、心理学を学んだものとしての社会的責任を自覚するとともに、地域から世界を見据えたグローカルに貢献できる能力を修得します。
学生の主体的学びを推進するために演習においてプレゼンテーションを導入し、課題探究・解決学修、実践的教育を行います。また、協働性を育むために、グループワーク、課題探求型学習、少人数教育を取り入れた授業を行います。

 

どんな先生になるの?

心理学を活かして教育現場をはじめ社会のさまざまな分野で活躍することができる人材として活躍されることでしょう。特に学校現場においては、現代的教育課題に対応できる小学校の先生になって活躍されることでしょう。

教員紹介

この教室の教員紹介

最近の活動状況

Copyright © 山口大学教育学部. All Rights Reserved.
TOP